とある生徒の勉強記~3年目の正直~part.10

先日、予備校内にて『第3回 全統記述模試』の過去問演習を行いました。Yさんの理科の結果は次のようになりました。

物理:100点中 76点(偏差値 65.7

化学:100点中 83点(偏差値 77.1)

○物理

前回(part6参照)と比べると偏差値が大きく下がりましたが、実力としてはこんなものでしょう。
ミスもありましたが、第3回は問題レベルも上がり深い理解度が求められるため、偏差値を安定して70以上とれる実力と経験値はまだ備わっていません。
10月に入ると過去問演習が主軸となっていくので、その中で解法の確認や、より本質的な理解を意識して学習していきましょう。

○化学

こちらは前回よりも偏差値が上がりました。安定して高水準の成績をとれているため、基本的な知識はすでに覚えきっているでしょう。理論分野の計算も特に苦労することはなさそうです。
私立医学部はよりマイナーな知識や、生物と関係の深い問題を出題する大学も多くあるため、今後はそういった細かな知識の補充に軸足を置きつつ演習を繰り返していけば、化学で遅れをとることはないでしょう。

執筆者: 兵谷