医研会への声

「医研会」は、これまで数名の者がグループとして、医学部へ進学する生徒を指導してまいりましたが、その生徒や保護者の方々から多くの激励の文書が届いております。それをここに掲載いたします。

〈保護者の声〉

野田 一郎 さん
【宝塚市:野田耳鼻咽喉科 院長】

私の娘も「医研会」に通わせていただきましたが、講師の皆様には本当に感謝しています。その良さは、①専任が多いこと、②誠心誠意指導してくれること、③責任感を伴う指導であることです。生徒に寄り添い、熱心である塾は多いのですが、「医研会」の指導には先生たちの専任感をひしひしと感じました。
医進系予備校も数多くありますが、「医研会」ほど納得させてくれる指導をしてくれる予備校は他にはないように思います。この経験があるからこそ、私も「医研会(医学部受験研究会)」を自信をもってお薦めします。

竹嶋 さん

長男が「医研会」にお世話になりました。此方の予備校の方針は、「利他の心を育てる」ということです。ただ「医学部」に合格させるということにとどまらないその教育方針にふつうの予備校以上のものを感じ、私は長男を通わせることにしました。

とはいうものの、やはり長男を「合格」させてもらえるかどうかも大切であり、最初の説明会で詳しくお尋ねしました。それに対して、「合格させるためには授業だけにとどまりません。生徒の性格、勉強に向かう姿勢、目標意識など、あらゆるものに対し目を向け指導していくことが必要です。医研会では専任主義(専任講師1人:生徒2人の担任制)と少人数主義(授業5人以内で実施)できめ細やかな指導をいたします。」とお返事をいただき、共感いたしました。

実際通わせてみると、「医研会」の先生方の生徒指導の取り組みは並一通りのものではありませんでした。他の予備校にはないきめ細やかさ、教育者としての誠実さを感じました。その結果、長男の成績も上がり、合格を果たしてくれました。「医研会」は通ってみる価値を十分に持つ予備校だと思います。

2021年合格者の声

一番成長できた場所がここ、医研会でした。

一番成長できた場所がここ、医研会でした。

大阪医科大学 合格 
吉田岑龢(西大和学園高等学校卒)

私が通ってきた、数々の塾や予備校の中で、一番成長できた場所がここ、医研会でした。
家族と同じくらい親身になって一人一人の生徒を見てくれる先生、そして何より、同じ志を持って切磋琢磨し、ともに高めあえる仲間に恵まれ、私は学力面だけではなく、人として成長できた気がします。

私は受験歴がとても長く、いい意味でも悪い意味でも、「塾」というものに慣れすぎており、浪人期間もずるずると長引いてしまいました。
ここに入った当初は、自分を過信し、先生の言うことを受け流し、自己流で勉強したために、思うような結果が出ませんでした。

私が大きく変わったのは、その年の受験が終わった後に、塾長から言われた言葉でした。

「医学部は生ぬるい努力をずっと続けていても決して到達できるところではない。死に物狂いでぶつかっても浪人する人たちが何万といる中で、その上位に食い込むには、“自分”というものを捨てなければならない。だが医学部にはそうしてまで入る価値がある。君はもう大人だ。君はここまで育ててくれた親に対して最高の恩返しをする義務がある。僕も含めて、みんながお前の合格を待っている。頑張れ。」

当たり前のように聞こえる言葉かもしれませんが、それは、当時、周りの友人が次々と医学部に進学していく中取り残された私に火をつけました。

それ以来、私は自分を“客観視”することができるようになりました。
“客観視”という言葉を聞いて、あんまりピンとこない方が多いかもしれません。
なぜならば、自分を客観視することは、大人でも難しいからです。

私は、受験生にとって、合格するのに一番必要なのは、自身を“客観視”できる力だと思います。
これはすなわち、自身をコントロールし、自制することでもあります。
それができる人とできない人では、勉強の計画から何から何まで、大きく差が開きます。
あなたと同じ学校や予備校にいる、とても成績がいい人を思い浮かべてください。
どんなに遊んでいようと、授業中に寝ていようと、しっかり自分がやるべき時にはやるべき事をしているはずです。
これが、合格と不合格を分けているといっても過言ではありません。
これはもちろん、受験以外においても同じことです。

ここ医研会では、ただ学力を上げるだけでなく、そういった、生きていく上で必要な力も身に着けることができる場所です。

最後に、私を合格に導いてくださった先生方、励ましてくれた友人、そして何より私をずっと支えて見守ってくれていた両親に感謝します。本当に、ありがとうございました!!!!

医研会で勉強して1年。大阪医科大学に合格しました。

医研会で勉強して1年。大阪医科大学に合格しました。

大阪医科大学 合格 
S・N君(清風高校卒)

少し浪人が長くなりすぎました。浪人中はこの時期、「今年大丈夫だろうか」と戦々恐々の思いでいるんですが、漸く合格できました。本当に嬉しいです。医研会に入塾して本当に良かったと思います。

医研会に入るまでの僕の学習は、やはり生ぬるかったと思います。医研会では「英・数・化・物」すべての受験教科について、生徒の学力に応じて使用する教材が指定され、そのテキストをどれぐらいこなせば合格できるのか具体的な目途が与えられます。そしてその教科の進捗状態が毎週学生バイトによってチェックされます。また塾内での学習も午前9時から午後10時と決められていますので、その時間内は出来るだけ集中して勉強できるように努力しました。家に帰ってからまで勉強したくないと思いつつ、塾内で全力で頑張りました。そしてこの結果です。

医研会の先生方はアットホームな感じで面倒見がよくストレスなく頑張れました。医研会の体験談のコーナーを読むと、どの生徒もそう書いていますが、本当にその通りです。しかし自習室などは本当に静かで、十分に勉強出来る環境です。アットホームなだけでなく、厳しいところは厳しい。だからこそ、昨年までは一次も合格出来なかった僕が大阪医科大学に正規で合格できたのだと思います。

お問い合わせ、資料請求、個別相談などお気軽にご連絡ください

大阪校 06-6779-5355
京都校 075-746-4985
平日 9:00~22:00 土日 9:00~18:00

合格体験記

医研会に入っていなければ、
これほどまでに成績はあがらなかったと思います。

医研会に入っていなければ、
これほどまでに成績はあがらなかったと思います。

大阪医科大学 医学部 合格
竹嶋 大貴 (近畿大学附属高校卒)

兵谷先生:医研会にくるまではどうでしたか?
竹嶋くん:一浪目は大手予備校に通っていて、有名講師の魅力ある授業を受けることができましたが、高校生の時にほとんど勉強をしていなかったので、その授業を受けるための基礎力が備わっておらず、思うように成績が伸びませんでした。これでいいのだろうかと不安に思っているうちに、一年がすぎてしまいました。今になってみると、予備校を選択する際にもっと考えておくべきでした。今更遅いですが後悔しています。

兵谷先生:医研会を選んだ決め手は何でしたか?
竹嶋くん:二浪目に入るとき、生徒一人一人のレベルに合わせてくれる少人数制の予備校の方が自分に合っているのではないかと思い、まずホームページを見ていくつかの予備校をピックアップし、実際に予備校を訪問し話を伺った上で、医研会に決めました。決めたのは、この予備校なら合格させてくれそうだと感じたからです。入ってみると、生徒の受け入れ人数を絞っていて生徒が少ないので、各教科の専任の先生方とのコミュニケーションも他塾と比べてかなり多く、それが浪人生活の充実につながりました。そうした場面で、自分の弱点に気づかせてくれたり、自分に合った勉強方法を考えてくれました。

兵谷先生:医研会の良いところを教えてください。
竹嶋くん:前期の毎週土曜日には、その週に授業で学んだ内容の復習テストがあり、きちんと身に付いているかどうか確かめることができました。後期は復習テストに代わり、毎週土曜日、各大学が設定した時間内で、私立医大の過去問を解かされました。受験生が自分でやらねばならないことを、定期的にやらされることで実践力がかなり身についたと思います。またたくさんの過去問をやる上で満点を狙うよりも、自分にとって捨てるべき問題を捨てて、合格を勝ち取るという実践力が身についたように思います。

兵谷先生:このサイトを見てくれている方々に一言お願いします。
竹嶋くん:この一年で学力はかなり上がったように思います。全ての教科において偏差値は10以上もあがりました。医研会に入っていなければ、これほどまでに成績はあがらなかったと思います。予備校を選ぶときに、医研会を選択肢の1つにぜひ入れてみてくださいと呼びかけたいです。医研会での毎日は、辛いこともありましたが、ある意味楽しく、その上で充実した毎日でした。


医研会で3年浪人しました。
入塾時にあんなにも成績が悪かった私でも合格できました。
医研会のお陰です。

医研会で3年浪人しました。
入塾時にあんなにも成績が悪かった私でも合格できました。医研会のお陰です。

帝京大学 医学部 合格
池末 幾講(帝塚山学院泉ヶ丘高校卒)

兵谷先生:医研会にくるまではどうでしたか?
池末くん:僕は高校卒業後、2年間医学部受験生とは名ばかりの残念な受験生活を送っていました。高校時代、そして2年間の浪人生活、全くといっていいほど勉強をしたことがなく、3年目にこれではいけないと思い、初めて医学部専門予備校に入ったのですが、イスに座って勉強をするという習慣を身につけるだけで1年が終わり、あまり良い1年ではありませんでした。4浪目に入り、これは本当にまずいと思い、医学部予備校探しを前年とは違い、精査したうえで、医研会への入学を決意しました。

池末くん

兵谷先生:医研会を選んだ決め手は何でしたか?
池末くん:当時は英数学ついて偏差値は40にも足りないほどで(河合塾記述模試)、英語・数学は0(ゼロ)からのスタートでしたが、先生方は非常に熱心に教えてくれました。今まで勉強してこなかったツケで、その年は合格できませんでしたが、確かな成長を感じていました。そこでもう1年頑張ってみようと決意しました。2年目は今まで勉強してきたことをきっちり身につけ、抜けがないようにすることでさらなる偏差値UPを目指しました。その結果、5浪目にして初めて1次試験を通過しました。しかし、実力や精神力の弱さから補欠が回ってくることはなく、医学部への進学はできませんでした。この時、自分は本当に医学部へ行けるのだろうかと真剣に悩み、他学部への進学も考えましたが、もう1年頑張ったらきっと受かるという励ましの言葉に力を得て、もう1年だけ頑張ってみようと思いました。医研会の先生に支えられながら、私は多くの大学の1次試験の合格を勝ち取り、正規合格も勝ち取りました。

兵谷先生

兵谷先生:今、晴れて医学部に合格できて、どのような気持ちでいますか?
池末くん:小学生の頃から医者になりたいと考えていました。今医学部に合格できて本当に嬉しいです。医学部に入る為に6年もかかりました。医研会では3年間お世話になりました。本当に充実した3年間でした。1年目は勉強に臨む心構えが悪く、医研会の先生方にはかなり怒られました。それでも、そのお陰で医研会2年目で医学部の1次試験に数校合格できました。そして3年目5大学に正規に合格できました。医研会に入学した当初の成績から考えると3年でよくも合格できたものだと思います。医研会にいたからこそ合格出来たと心から感謝しています。

お問い合わせ、資料請求、個別相談などお気軽にご連絡ください

大阪校 06-6779-5355
京都校 075-746-4985
平日 9:00~22:00 土日 9:00~18:00

<生徒の声>

近畿大学 医学部 入学
黒岡 佳子さん(私立大谷高校卒)

医研会での一年間を終えて、一年前の私の選択は間違っていなかったと確信しました。

私は医研会に通うまでは、「塾選びなんてどこでも同じだ。自分のやる気次第だ。」と思っていたので、大手の予備校に通っていました。しかし、大手の予備校では、自分一人でモチベーションを保つことや、講師の先生に質問できる機会が少ないことが悩みでした。医研会では、常に授業を担当して下さっている先生が専任としていてくださり、いつも「質問はないか?」と声をかけて下さるので、少しでもわからないことがあれば、解決することができました。授業も大手の予備校のような画一的なものではなく、少人数制ということもあり、個人の弱点を細かく把握しており、臨機応変な授業を組み立てていただけるので、非常に効率よく無理なく勉強することができました。常に、先生が心から生徒のことを考えていて、その生徒にとって最も良い事を提案してくださるので、とてもありがたかったです。

超少人数制なので、先生との距離はすごく近く、塾はすごくアットホームなので、毎日朝から晩まで塾にいても苦にはなりませんでした。また、生徒一人一人に担任の先生がつき、勉強面だけでなく、精神面でのサポートも十分にしていただけました。受験も佳境に入り、私が精神的に不安定になったときにも、いつも寄り添い、励ましてもらえました。家族よりも近くで一年間見ていてくれたという信頼感もあり、先生方の言葉は素直に私に力をくれました。

医学部受験は、精神的、体力的にも大変厳しいものだと思いましたが、医研会の先生方のサポートがあったからこそ乗り越えることができたと確信しています。

関西医科大学 医学部 入学 
宮崎 哲朗さん(清風高校)

「医研会」の先生方には、小6の頃からお世話になっていました。中1の頃全く勉強しなかった僕は、先生を手こずらせました。しかしその後、中学、高校と進むに従って、成績もうなぎ昇りに良くなり、医学部に合格することができました。これは「医研会」の先生方のおかげだと、本当にありがたく思っております。

神戸大学 医学部 入学
坪田 遥さん(大阪教育大学附属高校平野校舎卒)

私は中3から大学受験まで、医研会の先生たちにお世話になりました。医研会の先生たちは、皆さん非常に気配りの行き届いた、効率の良い指導をして下さいました。そのおかげで高1から高2、高3と成績も驚くほど良くなりました。

勉強を教わる場所は外にもたくさんありますが、「医研会」の先生たちほど個々の生徒に配慮し、個々の生徒の能力に応じた指導をして下さる先生はいないと思っています。そのお蔭で私も合格できたと、今も感謝しています。

高知大学 医学部 入学
居相 真緒さん(大阪桐蔭高校卒)

高校3年の夏より医研会の先生に英・数・物・化の指導をうけました。記述問題に苦手意識のあった私は、主に個別対応で添削での指導をお願いし、懇切丁寧かつ熱心に添削をしていただきました。間違いのあった箇所もわかりやすく指導していただけました。そのおかげで答案作成力の飛躍的な向上を実感することができました。

また、さまざまなパターンの問答について面接の練習を繰り返しして頂いたおかげで、それほど緊張することなく面接に臨むことができました。

医研会の先生方の熱心な指導のおかげもあり高知大学に現役で合格することができました。短い期間ではありましたが、親身になってご指導いただけ、大変感謝しております。

お問い合わせ、資料請求、個別相談などお気軽にご連絡ください

大阪校 06-6779-5355
京都校 075-746-4985
平日 9:00~22:00 土日 9:00~18:00